SSブログ

洋館でアフタヌーンティー IN ALONE [寫眞歳時記]

今春、職場も立場も変わり以前より緩やかな勤務体制になった旦那に対して、女房は同業者の団体の役員になったらしくやたらと忙しい。特に休日返上が多くなり、元々ソロ活動率の高い夫婦なのだが、最近はまさしく「女房、元気で留守がいい」状態だ[あせあせ(飛び散る汗)]

この休日も、早朝からカミさん不在をいい事にノンビリ起床し敢えて朝飯を抜いて、世田谷・豪徳寺に向かう爺いがひとり...[わーい(嬉しい顔)]

20240519-DSCF4355.jpg

イギリス留学中に国際結婚した尾崎三良男爵が、その後日本で暮らす娘・テオドラの為に明治21年(1888年)に六本木に建てた洋館と伝わる。テオドラは同性の郵便物の誤配が縁で、憲政の神と呼ばれた政治家・尾崎行雄と結婚し、翻訳家としても活躍する。洋館は別の人の手に渡り昭和8年(1933年)に豪徳寺に移築されるが、一際水色の壁が可愛い洋館は「尾崎行雄の旧宅」として地元では長く親しまれる事となる。

20240519-DSCF4428.jpg

2019年に周辺の再開発により取り壊しのプランが持ち上がる。地元でこの建物に親しんでいた漫画家の山下和美笹生那実らと地元住民・有志により保存運動が巻き起こる。多くの漫画家の支援や何度かのクラウドファンディンにより資金を確保、土地家屋を買い取り、さらに大規模改修を経て、この3月にカフェ併設のギャラリー『旧尾崎テオドラ邸』と名付けられてオープンした。

20240519-DSCF4421.jpg

20240519-DSCF4333.jpg

20240519-DSCF4391.jpg

20240519-DSCF4382.jpg

20240519-DSCF4418.jpg

20240519-DSCF4403.jpg

20240519-DSCF4347.jpg

20240519-DSCF4349.jpg

20240519-DSCF4412.jpg

20240519-DSCF4339.jpg

20240519-DSCF4438.jpg

当然、築138年の洋館が目当てだったが、オンラインチケット購入時に「アフタヌーンティー付き入場券」が1席分残っているのを発見[目] 条件反射的にポチッてしまったのだった[exclamation&question]

[かわいい][かわいい]初のアフタヌーンティーひとり喰い[かわいい][かわいい]
20240519-DSCF4358.jpg

20240519-DSCF4373.jpg

20240519-DSCF4369.jpg

20240519-DSCF4370.jpg

いやはや最高です[ぴかぴか(新しい)]
同じヨーロッパでもフレンチやイタリアンと比べ、ガサツな英国人の味覚には懐疑的な印象を持つ小生だったが、この紅茶と軽食という伝統のスタイルには脱帽だ。3種類のサンドイッチの風味の違いの素晴らしさ。焼き立てスコーンとクロテッドクリームの相性の良さ。一見素朴なヴィクトリアケーキの奥深い味わい。そして紅茶が美味い。4種類の紅茶が飲み放題にかこつけて腹はチャッポンチャッポン状態に。周りを全てご婦人軍団に囲まれながら、ひとり爺いは昼下がりの茶会を愉しんだのである[わーい(嬉しい顔)]
取り壊しの難を逃れたとはいえ、ギャラリーとしての経営が行き詰まれば元の木阿弥だ。カフェの内容にも十分力を入れているのがよく判る。新オーナーの漫画家先生たちの熱意まで感じられる居心地の良さだった。この素敵な洋館を残す為にも通わねばなるまいと思わせてくれた。

目と鼻の先に名刹・豪徳寺があるのでお参りしてから帰る事にする。

20240519-DSCF4475.jpg

20240519-DSCF4488.jpg

20240519-DSCF4458.jpg

大混雑だ[がく~(落胆した顔)]
世田谷の住宅地にある社寺にまで外国人観光客が押しかけている事に軽い衝撃を受ける。多分、SNSの招き猫に誘われたのだろうが、恐るべしネットの力とインバウンド[exclamation&question]
まだカミさんが帰る時間に早いので、お茶の水駅そばの古いビルに立ち寄る。

20240518-DSCF4280.jpg

順天堂病院の裏手に「トーキョーアーツアンドスペース本郷」というギャラリーがある。1928年に東京市が職業紹介所として建設したビルが2001年にアートセンターに生まれ変わり、現在も新進クリエイター達に発表の場を提供しているのだ。当日は「TOKAS-Emerging」と称して3名の若手アーチストの展示会とトークイベントが催されていた。3ヶ所の展示部屋を巡りながら、随所に施された洒落たリノベーションも楽しんできた。壁・床の漆喰やステンドグラスは、まさに現代の匠の技だ[ぴかぴか(新しい)]

YuaOqQqE6V.jpeg

20240518-DSCF4320.jpg

20240518-DSCF4309.jpg

20240518-DSCF4307.jpg

20240518-DSCF4290.jpg

20240518-DSCF4289.jpg

20240518-DSCF4291.jpg

20240518-DSCF4299.jpg

20240518-DSCF4316.jpg

クリエイターの作品と共に建物の内装にまでアートを感じられる。レトロ建築の維持には、名も知らぬ職人達の力が不可欠なのを再認識した一日となった。

あっ、もうすぐカミさんが帰ってくる。急いで家路に着く。アフタヌーンティーの件は内緒にしておこう[あせあせ(飛び散る汗)]





世田谷イチ古い洋館の家主になる 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

世田谷イチ古い洋館の家主になる 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

  • 作者: 山下和美
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2021/06/18
  • メディア: Kindle版
天才柳沢教授の生活(1) (モーニングコミックス)

天才柳沢教授の生活(1) (モーニングコミックス)

  • 作者: 山下和美
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2012/09/28
  • メディア: Kindle版

nice!(45)  コメント(8) 
共通テーマ:地域

nice! 45

コメント 8

よしあき・ギャラリー

お洒落ですね~
堪能しました。^^v
by よしあき・ギャラリー (2024-05-25 06:17) 

そら

アフタヌーンティーはほんとに素晴らしい食文化。素晴らしき食文化です。
素敵な洋館ですね。維持費がほんとに大変だと思うので、カフェで頑張って欲しいですね。
お洒落なお帽子をお供に一人アフタヌーンティー、なんと素敵なお時間。
ロリータの乙女の後ろ姿入りのお写真…ものすごーく好きです。
by そら (2024-05-25 18:41) 

つむじかぜ

> よしあき・ギャラリー 様
住んでいる下町とは違って、さすが世田谷区はお洒落感度が高すぎますが...^^;

by つむじかぜ (2024-05-26 02:34) 

つむじかぜ

> そら 様
美術館などで一見場違いな若い女性を発見すると、気になってしまう変態爺いです(^^;;
by つむじかぜ (2024-05-26 02:37) 

JUNKO

たまに独り歩きもいいですね、次会はご一緒に。
by JUNKO (2024-05-26 11:26) 

hagemaizo

良い一日をお過ごしでしたね。
時間の使い方や巡る場所、そしてゆったり紅茶づけ、いいなぁ。
by hagemaizo (2024-05-27 07:38) 

つむじかぜ

> JUNKO 様
ひとり飯も慣れてますが、やっぱりカミさんがいると更に旨いですからね^^;
by つむじかぜ (2024-05-27 22:41) 

つむじかぜ

> hagemaizo 様
ボケ防止も兼ねて、街歩きを頑張っています^^;
by つむじかぜ (2024-05-27 22:46)